読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンデレラ定跡 はじめました

長らく放置されていた戦型毎の定跡を作ってみようプロジェクト(名づけてシンデレラ定跡プロジェクト)が漸く胎動しました。 シンデレラ定跡の名前の由来はシンデレラたちが将棋を指すシリーズ です。諦め悪く定跡を作り続けたら再びシンデレラが将棋を指し…

elmo型学習の特徴と短い持ち時間で強くない理由 in elo河童理論

# elmo-qhapaq将棋理論。略してエロ河童理論ですね elmoの学習部が公開になりました。秘密にしておけば次の大会でも勝てる見込みが高いにも拘わらず、公開してくれた開発者の方には感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです。 さて、elmoの学習部の特徴はや…

elmo-qhapaq評価関数(ver1.1)のリリースのお知らせ

タイトルの通り、elmo-qhapaq評価関数(通称エロ河童評価関数)の最新版を作りましたのでアップロードいたします。 Release elmo-qhapaq評価関数(ver 1.1) · qhapaq-49/qhapaq-bin · GitHub 前回からの相違点: version 1.0に比べelmoの棋譜を2万局程度増…

elmo-qhapaq評価関数のレート戦型依存性の実験結果と考察

elmo-qhapaq評価関数(通称:エロ河童関数)をDL、ご利用、検証していただいてる皆様、誠にありがとうございます。 皆様の実験結果、及び、手元の実験結果を元に、エロ河童関数の挙動について幾つか知見が得られましたのでご報告いたします。 1.実験結果(…

Qhapaqの評価関数を公開します

WCSC27の最終日が終わるのを待ってから公開しようと思っていたら、elmoが最終局開始と同時にバイナリを公開してくれたため、恐らく出番がなくなってしまったQhapaqのバイナリですが、公約通り(?)公開します。 注:onedriveにアップしていた時はonedriveの…

Qhapaqの定跡とtimemanを公開します

WCSC参加、ご視聴の皆様、お疲れ様でした。 Qhapaqは大会を10位で終えました。無課金でもできる学習理論の構築を目指し、色々頑張ったのですが、残念ながら負けてしまいました。応援してくださった皆様には心よりお礼申し上げます。 さて、私の大会は終わり…

アピール文から読み解くWCSC27の見どころ(大合神クジラちゃん編)

久々のシリーズ物として、WCSC27に参加しているソフトのアピール文を、私、Qhapaqの開発者が読解/解説していきたいと思います。本シリーズを通じて、皆様がコンピュータ将棋を好きになってくれれば、そして、人工知能の織りなす科学を楽しんでいただければ幸…

アピール文から読み解くWCSC27の見どころ(うさぴょん2’TURBO編)

久々のシリーズ物として、WCSC27に参加しているソフトのアピール文を、私、Qhapaqの開発者が読解/解説していきたいと思います。本シリーズを通じて、皆様がコンピュータ将棋を好きになってくれれば、そして、人工知能の織りなす科学を楽しんでいただければ幸…

アピール文から読み解くWCSC27の見どころ(読み太編)

久々のシリーズ物として、WCSC27に参加しているソフトのアピール文を、私、Qhapaqの開発者が読解/解説していきたいと思います。本シリーズを通じて、皆様がコンピュータ将棋を好きになってくれれば、そして、人工知能の織りなす科学を楽しんでいただければ幸…

アピール文から読み解くWCSC27の見どころ(NineDayFever編)

久々のシリーズ物として、WCSC27に参加しているソフトのアピール文を、私、Qhapaqの開発者が読解/解説していきたいと思います。本シリーズを通じて、皆様がコンピュータ将棋を好きになってくれれば、そして、人工知能の織りなす科学を楽しんでいただければ幸…

アピール文から読み解くWCSC27の見どころ(Apery編、書きかけ)

久々のシリーズ物として、WCSC27に参加しているソフトのアピール文を、私、Qhapaqの開発者が読解/解説していきたいと思います。本シリーズを通じて、皆様がコンピュータ将棋を好きになってくれれば、そして、人工知能の織りなす科学を楽しんでいただければ幸…

アピール文から読み解くWCSC27の見どころ(大将軍編)

久々のシリーズ物として、WCSC27に参加しているソフトのアピール文を、私、Qhapaqの開発者が読解/解説していきたいと思います。本シリーズを通じて、皆様がコンピュータ将棋を好きになってくれれば、そして、人工知能の織りなす科学を楽しんでいただければ幸…

アピール文から読み解くWCSC27の見どころ(技巧編)

久々のシリーズ物として、WCSC27に参加しているソフトのアピール文を、私、Qhapaqの開発者が読解/解説していきたいと思います。本シリーズを通じて、皆様がコンピュータ将棋を好きになってくれれば、そして、人工知能の織りなす科学を楽しんでいただければ幸…

アピール文から読み解くWCSC27の見どころ(ponanza_chainer編)

コンピュータ将棋選手権(WCSC27)まであと半月。最年少棋士の躍進によってすっかり忘れられがち(当社比)なコンピュータ将棋ですが、今年も実に面白い独自性を発揮したソフトがWCSCに参加しています。そこで、久々のシリーズ物として、WCSC27に参加してい…

【将棋は】台湾人に日本アニメの説明を求められた件【一切関係ない】

海外出張中は流石に将棋の開発のしようがないので、おとなしくアピール文を書いています。さて、台湾の学会ということで台湾の学生と喋る機会があったので、今日のゆるふわ拡大版ということで此方で紹介します。 【以下、完全なる駄文です】 【結論を言うと…

両成将棋における腰掛け馬のススメ

ponanzaに勝ったら300万円貰えるチャレンジが今年も始まったようです。特に目新しいのがオプションとして選べる飛車、角の両方が初手から成っている+先手というハンディキャップでしょう。 この初期局面は先手が既に1000点前後良いことに加え、コンピュータ…

Futility marginがdepthの線形でいい理由

定跡研究の知見をまとめつつある裏で、WCSCに備えて探索部の改造にも手を出しています。 評価関数は億単位の局面を使って億単位のパラメタを最適化するという人間の直感に反するものである一方、探索部は「まずは取る手から考える」とか「この局面は仮に盛り…

振り飛車最強決定戦(本戦) in Qhapaq

※ この記事は 振り飛車最強決定戦(前哨戦) in Qhapaq - qhapaq’s diaryの続編です 前回の記事で三間飛車(2手目32飛)、四間飛車、ゴキゲン中飛車、角交換四間飛車の勝率を測定してみた結果、序盤の角交換をQhapaqは良くないと思っていること、振り飛車…

振り飛車最強決定戦(前哨戦) in Qhapaq

プロ棋士の大半が居飛車を指す時代。コンピュータ将棋でも相手が飛車を振るとついガッツポーズをしてしまいがちですが、藤井銀河の爆誕や久保九段の王将戦での活躍など、振り飛車のポテンシャルはまだまだ底が見えていません。 本稿では、藤井猛九段のインタ…

汎関数を用いた時間攻めの導出(の数学的解説)

前回の記事で紹介した汎関数を用いた時間攻めの導出について解説したのですが、読者の方から数式をもう少し解説して欲しいとのリクエストをいただきましたので、此方にて解説します。 数学マニアじゃない方にも雰囲気が伝わる用に善処はしますが、元が理系大…

コンピュータ将棋流の時間攻めと電王戦の攻防

何を隠そう、私が最初に覚えた将棋の小技は時間攻めです。素人将棋では時間なんてそもそもカウントしないことも多いですが、プロ棋士(に限らずある程度将棋を指す人)の対局では持ち時間を意識した水面下の戦いは切っても切れない存在です。 終盤の圧倒的な…

レートの持ち時間依存性から考える技巧の敗因と探索部最適化

前の記事でも述べたとおり、探索部の最適化を阻む最大の壁は最適な探索パラメータ(アルゴリズム)が持ち時間に依存することです。本番の長い持ち時間(WCSCでは1試合1時間程度、電王トーナメントでは4時間)で探索パラメタを最適化するのは尋常じゃない計算リ…

ライブラリとして公開しているQhapaqのソフト/ツール一覧

2017.1.22更新 以下のツールをライブラリとして公開します。 現状のQhapaqのツールは定跡や棋譜解析ソフトであり、定義上、ライブラリ登録をしなくても使えるはずなのですが、念の為ここに公開しておきます。 ライブラリ申請の状況などについても此方で公開…

Stockfishベース探索の終盤力が弱いかもしれない件について

あけましておめでとうございます。電王よりリア充になりたいです。あとnatureに論文出したいです。WCSCでは新人賞と独創性をガチで狙いに行ってます。カステラの法則信者なので書いておきます。今年もよろしくおねがいします。 雑巾絞りによって評価関数学習…

Qhapaqの四間飛車定跡を公開します

家のネット事情が悪かったり、年末で死ぬほど忙しかったり、一手損の研究に浮気したりと大分遅れてしまいましたが、四間飛車の定跡を公開します。 何処かでデータ処理をミスったのか、四間飛車の仕様なのか大定跡と真定跡への勝率を同時に確保できませんでし…

量子ガシャ用のツールの完全版、及び河童定跡の棋譜を公開します

量子ガシャを用いた定跡生成用ツールを公開します。本ファイルのアップロードを以て、河童定跡生成に必要なツールは全部揃った(少なくとも、私が定跡を作るときに使ったツールは全部公開した)ことになります。使い方の詳細はツールに同梱の"look_at_me.txt…

後手番でやたら早繰り銀をやりたがるQhapaqの一手損定跡を公開します

四間飛車検証の途中ですが、竜王戦が近いということでQhapaqに一手損を研究させていました。 研究の結果、やたらと早繰り銀をやりたがる定跡が完成しましたので、ここに公開します。 https://1drv.ms/u/s!Ag5CrRBmeQHym1zqL3m1rtKNKQNv 【使い方】 やねうら…

Qhapaq振り飛車が居飛車穴熊に勝てない件

今週からは暫く、量子ガシャを使った戦型研究について解説していきます。第一弾はみんな大好き(?)四間飛車です。 【開始局面】76歩、34歩、26歩、44歩、48銀、42飛 まで進んだこの局面とします。理想的には角交換とか中飛車とかから最強の振り飛車を決め…

やねうら王系列最強(?)のQhapaq定跡を公開します(二代目)[12.18マニュアル更新]

アドベントカレンダーで紹介した「定跡スナイパー理論」に基づいて独自に作成した、やねうら王のstandard_book.db形式の定跡ファイルを公開します。 【重要】onedriveの課金契約がそろそろ切れるので、このファイルは引っ越しする可能性があります。twitter …

コンピュータ将棋における定跡とメタゲーム

1:00 第一版リリース 本稿はコンピュータ将棋アドベントカレンダー 12/11の記事として投稿されたものです。 www.adventar.org 定跡合戦は大会ドラマ上、切っても切れない存在であると同時に、コンピュータ将棋における数少ないメタゲーム要素の一つでもあり…

やねうら王系列最強(?)のQhapaq定跡を公開します

まふ氏らによって作られた、技巧新定跡をヒントに独自作成した、 やねうら王のstandard_book.db形式の定跡ファイルです。手元のPCでの実験では真やねうら定跡にも大定跡にも勝ち越しているので、やねうら王で扱える定跡の中では最強かもしれません。 以下の…

雑巾絞りにおけるランダムムーブの意味考

コンピュータ将棋の評価関数を強くする方法に「雑巾絞り」というものがあります。簡単に言えば、1-2手先までしか読まない設定の弱いコンピュータの見解(先手/後手のどちらがいいか、次に何を指すべきか)を3-8手程度まで先を読んだ相対的に強いコンピュータ…