技術書典7でコンピュータ将棋本、および、自然言語処理本を頒布します

Qhapaq開発チームは2019年9月22日開催の技術書典7に参加します。良ければ是非足をお運びください。 techbookfest.org 以下、頒布物について簡単に紹介をさせていただきます。 頒布物は全て電子書籍です。QRコード入りの紙を頒布する形式です ※:これら頒布…

【人間の棋譜からの転移学習】最強クラスの振り飛車評価関数 shinderella を公開します

技術書典7の宣伝も兼ねて現在開発中の振り飛車の評価関数を公開します。 その名もshinderella(振デレラ)です。よろしくお願いします。 【ダウンロードは此方から】 Qhapaq Research Labのデータベースからダウンロード可能です。 Cute(0815、体感的に変…

将棋ソフトの勝率から見る振り飛車迫害の歴史

振り飛車は不利飛車である。きのこたけのこ戦争の煽り文句で出てきそうなこの文言は今や将棋界の暗黙の了解になりつつあります。 タイトルホルダーを居飛車に独占され、勝率の上でも居飛車に押され、プロ棋士にwebニュースで冬の時代到来と言われてしまうな…

リレー対局で最強将棋ソフトの三すくみを解消する話

【最強将棋ソフトの三すくみ】第29回世界コンピュータ将棋選手権(WCSC29)が終了し、入賞ソフトたちの評価関数が公開されました。準優勝のKristallweizenや、初参加+デスクトップPCで7位入賞の水匠、有志作成の最強関数であるillqha4などが公開されました…

長文を3行ぐらいで纏めてくれるChrome拡張 IMAKITA on Chromeを作ってみました

半年ぐらい前にGigazineデビューした文章要約エンジンIMAKITAが遂にChrome拡張になって帰ってきました。 chrome.google.com 唐突ですが皆様は偉い人の長話に苛々したことはないでしょうか。言いたいことは短いのに枝葉をつけた長文を送られるのにウンザリし…

新時代のクラスタシステム ~MultiponderとPreponder~

第29回世界コンピュータ将棋選手権に参加された皆様、感染してくださった皆様、改めてお礼申し上げます。Qhapaq di molto(QDM)は5位入賞という結果を残すことが出来ました。 本大会でQDMはPreponderを使ったクラスタシステムを構築しました。Preponderは…

数値計算屋がFortranを捨てるべき3つの理由

パンチカード時代の負の遺産として数値計算系を中心に今も生き続けている言語Fortran。本稿では仮に数値計算用途であってもFortranを使うべきでない理由を説明することで、悪しき文化の終幕を促進したいと思います。 因みに筆者は量子系を中心にした数値計算…

レート4390ぐらい(今のSOTA+20-30)の評価関数orqha1018を公開します

将棋ソフトのレーティングサイト基準で、最強格と言われる評価関数に55%〜60%程度勝ち越せる評価関数orqha1018を公開します。 ダウンロードは此方のページからお願いします。 https://www.qhapaq.org/shogi/kifdb/ 【使い方】 使い方は下記サイトを参考にす…

コンピュータ将棋のセミナー@東大 で出てきた Q&A 抜粋

コンピュータ将棋セミナー@東大に参加してくださった皆様、ありがとうございました。 www.issp.u-tokyo.ac.jp 備忘録を兼ねて、セミナーで出てきたQ&A(のうち、比較的単体で理解できそうなもの)を書き下していきます。 # 質問、回答ともに解説記事向けに…

東大(柏キャンパス)でコンピュータ将棋のセミナーをやります

【注意】場所が変更になりました 場所 : 東大柏キャンパス物性研究所本館6階 第5セミナー室 (A615)→ 物性研究所本館6階 大講義室(A632) ※:同じフロアの大きい部屋になりました 嘗て物理を学んだ柏キャンパスに凱旋できるとは感慨深い...... www.issp.u-toky…

長文を3行ぐらいで纏めてくれるエンジン IMAKITAを作ってみました

まさかのGigazineデビューをしました。ありがとうございます!! gigazine.net 唐突ですが皆様は偉い人の長話に苛々したことはないでしょうか。言いたいことは短いのに枝葉をつけた長文を送られるのにウンザリしたことはないでしょうか。 そんな皆様の声(?…

AlphaZeroに投了宣言しないといけないかも知れない

AlphaZeroの論文が出てきました。arxivに出してた論文はイケてなかったですが今回のはイケてます。 前回の論文に対しては今の御時世でWCSC27のelmoに勝ったぐらいで convincingly defeated a world champion program とか言わないでよとか、投了の基準が900…

コンピュータ将棋wiki強化月間開始のお知らせ

平素よりQhapaq Research Labをご愛顧いただきありがとうございます。 コンピュータ将棋の情報を纏めるべく運用を開始したwikiですが、現状記事が集まらなくて苦慮している状態です。 特に大きな問題となっているのは、各ソフトの基本情報が纏めきれていない…

【10月25日まで】技術書典5で頒布した科学するコンピュータ将棋シリーズのweb販売を行います

締めきりました。ありがとうございます。 技術書典5で頒布した「科学するコンピュータ将棋」のweb販売を行います。 頒布物のアピール文 techbookfest.org 注意:技術書典4で頒布した科学するコンピュータ将棋を購入された方(現地、web販売問わず)は、科学…

今の将棋ソフトはAlphaZeroを超えている件

AlphaZeroの論文は世界に衝撃をもたらしました。曰く、ディープラーニングと強化学習で作られた評価関数は激烈に強く、囲碁だけでなく、チェス・将棋でも人間を超え最強のソフトを超えたと。 人間 vs コンピュータに終止符を打ち最後まで絶対的強さを魅せつ…

【技術書典に】コンピュータ将棋は戦国時代から存在していた!? 〜消えた酔象の謎〜【出ます】

一瞬バグかと思いましたが、なんと山口さんが記事を投稿してくれました。というわけで、タイトルの通りの記事を技術書典で頒布します。以下、頒布に至るまでのストォリイ。 https://twitter.com/ymg_aq/status/985850934944149506 もし続編が出るなら、「コ…

技術書典5でコンピュータ将棋本を頒布します in 池袋

来週月曜日の技術書典5にQhapaq開発チームも参加します。 イベントのページ: https://techbookfest.org/event/tbf05https://techbookfest.org/event/tbf05/circle/53170003 以下、頒布物について簡単に紹介をさせていただきます。 頒布物は全て電子書籍で…

将棋ソフトを用いた次の一手問題の自動生成

本稿は技術書典5にて頒布する科学するコンピュータ将棋シリーズの宣伝記事です。 大判解説などの将棋イベントで特に人気があるのが指導対局です。プロ棋士と実際に対局を行い、指し手の良し悪しについて幾つかのアドバイスを貰えるこのイベントは将棋の体験…

将棋ソフトから見る昨今の女流棋士の急激な成長

棋士ランキング(レーティング)のレーティング最下位は誰でしょう。 長きにわたってこの問の答えは「女流棋士」だったのですがそれも今は昔。2018年になってから女流棋士はそのレートを80超上げる急激な成長を遂げ、レーティング最下位の座を脱出しています…

コンピュータ将棋纏めサイトの設立と記念評価関数(R4330)の公開

コンピュータ将棋の纏めサイトを設立しました。 https://www.qhapaq.org/ コンピュータ将棋に関する様々な情報を纏めることを目的としており、現在レーティング、wiki機能が実装されています。 また、公開を記念してillqhaシリーズを改造した評価関数orqhaを…

豊島棋聖と永瀬七段の強さの秘訣をAIに聞いてみた

将棋星人が攻めてきたら地球代表を誰にするか。この問に「豊島棋聖」と答えると「こいつ将棋通だな」と思われることでしょう。というのも、豊島棋聖は非公式の棋士レーティングに於いて長らく頂点に君臨し続けているからです。 豊島棋聖は長きにわたって勝ち…

CentOS 7 でblas(cblas)を使う方法

CentOS(wiki)はそのサポート期間の長さから、企業や大学のサーバによく用いられるOSです。CentOSはパッケージ一つ入れるだけでも検索戦争に耐えねばなりません。というのも、シェアが少ない故に情報に乏しいことに加え、tensorflowなどの近代的なパッケージ…

次世代の将棋思考エンジン、NNUE関数を学ぼう(その2.改造/学習編)

前回の記事からかなり時間が空いてしまいましたが、引き続きNNUE関数について議論していきます。 現在、まふ氏が作成したNNUE型の評価関数がQQR(KPPT型)とならび、将棋ソフトの評価関数で最強の座についています。学習パラメタなどについては、まふ氏の解…

次世代の将棋思考エンジン、NNUE関数を学ぼう(その1.ネットワーク構造編)

update 18/06/03 12:00NNUE評価関数とは将棋ソフトの思考エンジン(もとい、局面の良し悪しを評価するための関数)です。NNUE関数は今流行りのニューラルネット(ディープラーニングの小さいやつ)を盤面評価に取り入れており第28回コンピュータ将棋選手権…

Qzilla-Qhapaq-Roll関数(Qzilla9比でレート+50前後)を公開します

表題の通り、今期もコラボ関数を公開します。 Release qhapaq学習機によるコラボ関数群 · qhapaq-49/qhapaq-bin · GitHub qqr_rel.7z が今回の作品です。 関数の正式名称は「クジラのかっぱ巻き関数」です。アルファベット表記ではQzilla-Qhapaq-Roll(略し…

妖怪惑星Qhapaqの定跡も公開しました

此方からダウンロードできます。今回は定跡は2種類あります Release 定跡のページ · qhapaq-49/qhapaq-bin · GitHub 【Qhapaqが考えたWCSC28の定跡のメタゲーム】 WCSCは計算資源が無制限であるため、長い定跡を作るのはリスキーであると考えていました。序…

妖怪惑星Qhapaqの評価関数を公開しました

長らくおまたせ(?)しましたが、WCSC28で7位入賞を果たした妖怪惑星Qhapaqの評価関数を公開しました。 DLは此方からどうぞ Release qhapaqの評価関数群 · qhapaq-49/qhapaq-bin · GitHub qhwcsc28.7zが妖怪惑星Qhapaqの評価関数です。 【レート測定結果】 …

第28回コンピュータ将棋選手権の感想戦(雑談編)

2018.05.08に修正 第28回世界コンピュータ将棋選手権に妖怪惑星Qhapaqとして参加しました。悲願の決勝リーグ進出を達成し、最終的な順位は7位入賞となりました。応援してくれた方、大会を支えてくれた方、大会を楽しんでくれた方全てにお礼申し上げます。…

【締めきりました】技術書典で頒布した電子書籍のweb販売のお知らせ

技術書典4で頒布した「科学するコンピュータ将棋」のweb販売を行います。 締めきりました。注文された方の中で、DLコードが届いていない、 ダウンロードできないなどの不具合がありましたら、お手数ですが までご連絡ください([atmark]は@に変換してくださ…

中学生棋士(加藤九段、谷川九段、羽生竜王、渡辺棋王、藤井六段)の棋力をAIに分析させてみた

藤井四段と羽生三冠のどちらが強いか、流行の人工知能に聞いてみましたの拡張版として、中学生棋士5人の棋力をAIに分析してもらいました。 本稿は4月22日の技術書典4で頒布する「科学するコンピュータ将棋」の一部分となっております。興味がありましたら、…